メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱血!与良政談

安倍外交の危ない現実=与良正男

 前日まで大阪で主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれていたことを忘れさせてしまうような電撃的な米朝首脳会談だった。

 でも安倍晋三首相にとってむしろ幸運だったかもしれない。一連の外交の行き詰まりや失敗も覆い隠す結果となったからだ。

 最もかすんだのは首相とロシアのプーチン大統領との会談だ。

 一時、首相はこの会談で北方領土問題解決に道筋をつけ、その勢いで参院選、あるいは衆参同日選に臨むシナリオを描いていた。

 ところが今回、仕切り直しの展望すら開けなかったのはご承知の通り。両首脳の会談は26回目。2016年…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文934文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです