メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
大岡信と戦後日本

/15 60年代詩人の目 一個の霊的なスポンジ

詩人の吉増剛造さ

 個人的な話になるが、記者が現代詩に初めて触れたのは学生時代の1980年代前半だった。それも鮎川信夫、田村隆一らの荒地派から、「60年代詩」「70年代詩」と呼ばれる当時30~40代の詩人たちまでの作品を、脈絡もなく一度に知ることになった。

 大岡信ら「感受性の祝祭の時代」の詩は、荒地派の後、60年代詩の前に位置する。ただ、すべてが混然となって何も知らない者の前に現れた時、やはり戦争をまともにくぐった荒地派の詩と、ラジカルな60年代詩の存在感は圧倒的だった。

 単純化して言えば、60年安保反対闘争の衝撃が60年代詩を生み出し、60年代末の大学紛争が70年代詩…

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1835文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです