メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

新体制のフジ「反転攻勢」へ

 放送担当として動向が気になるのがフジテレビだ。フジが視聴率首位だった黄金期と、学生時代が重なり、数々のヒット番組を見た思い出があるせいかと思う。

 そのフジで6月末、宮内正喜前社長(75)=現会長=から、遠藤龍之介社長(63)に交代するなど新体制が発足した。遠藤氏は、芥川賞作家の故周作氏の長男だ。本人は、おおらかで明るい性格で知られる。フジは近年、民放キー5局で視聴率4位と不振…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです