メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私の体はテレビでできている

「待つ」ことは「祈る」こと

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 今回は演劇の話を中心に。6月に横浜のKAAT(神奈川芸術劇場)で、ベケット作の「ゴドーを待ちながら」が上演された。演出は多田淳之介さん。手前みそで恐縮だが、昨年刊行の私の新訳による上演だ。なんと今回は昭和・平成バージョンと、令和バージョンの2本立てで、世代の異なる役者さんたちが演じるという面白い試みだった。「ゴドー」は、二人のホームレスが救済者ゴドーを待ち続けるだけの劇である。待っている間にどうでもいい会話でふざけ合ったり、ポゾーとラッキーという謎の二人組の相手をしたりして時間を潰すが、ゴドーは現れない。

 両バージョンとも素晴らしい上演だったが、紙幅の関係上、令和編に触れる。令和といっても、時代設定はお…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文862文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです