連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

野球のまちの立役者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今春の選抜高校野球に創部119年で初出場した徳島県立富岡西高の健闘は地元に勇気を与えた。進学校で練習環境が限られる中、優勝した東邦高(愛知)と互角に戦った。応援団はスクールカラーのえんじ色のウエアと帽子姿でスタンドを埋め尽くして選手を後押し。選手たちも「地元に恩返ししたい」と躍動した。

 学校がある阿南(あなん)市は、全国唯一の「野球のまち推進課」がある。生みの親は初代…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集