メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

東北初「くまのパディントン展」 郡山で6日から /福島

[PR]

 大人気の展覧会「くまのパディントン展」を6日から、郡山市立美術館で開催します。東北地方では初の開催です。

     くまのパディントンは、1958年に作家のマイケル・ボンド氏によって英国の児童文学「パディントン」シリーズとして誕生。南米ペルーから来た子グマが英国で騒動を巻き起こしながら人気者になる物語です。40以上の言語に翻訳・出版され、絵本やアニメ、映画、ぬいぐるみなど幅広い分野のキャラクターになりました。

     児童書シリーズの挿絵でおなじみのペギー・フォートナム氏をはじめ、各作家による絵本や漫画の原画、ボンド氏の仕事道具や貴重なインタビュー映像などを紹介します。

     <会期>7月6日(土)~9月8日(日)。月曜休館。ただし7月15日と8月12日は開館し、翌日休館。開館時間は午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)<会場>郡山市立美術館(郡山市安原町字大谷地130の2)<観覧料>一般800円▽高校・大学生、65歳以上500円▽中学生以下無料<問い合わせ>同館(024・956・2200)

     主催 毎日新聞社、郡山市立美術館

     協賛 ニューカラー写真印刷

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

    3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです