メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふげん

仏学生、廃炉措置学ぶ 敦賀で来月まで /福井

日本原子力研究開発機構の施設で職員から説明を受けるカイヤール・シモンさん=福井県敦賀市で、高橋一隆撮影

 敦賀市の福井大付属国際原子力工学研究所に短期留学中のフランス人学生のカイヤール・シモンさん(21)が日本原子力研究開発機構を訪れ、新型転換炉「ふげん」の廃炉措置を学んでいる。カイヤールさんは、フランスの技術者養成系高等教育機関とされる国立応用科学院の学生で、6月10日~8月30日の留学期間に同機構…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです