参院選2019

京都選挙区 あす公示 5氏準備、各党意気込み /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4日に公示される参院選の京都選挙区(改選数2)は、政党公認では3選を目指す自民現職の西田昌司氏(60)=公明推薦▽立憲民主新人の増原裕子氏(41)=国民民主支持、社民府連推薦▽再選を目指す共産現職の倉林明子氏(58)の3人が立候補を予定する他、「NHKから国民を守る党」の山田彰久氏(38)と「オリーブの木」の三上隆氏(88)の諸派新人2人が立候補を準備している。3年前より1人多い5人の争いとなる見込みの選挙戦を前に、比例代表も含めた各党の意気込みを聞いた。【篠田直哉、澤木政輝、矢倉健次】

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1312文字)

あわせて読みたい

注目の特集