登山

経験と感動伝えたい 看護師がヒマラヤ連続登頂 西宮で5日、報告会 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ローツェ登頂に成功し、記念撮影する山本美雪さん(右)=2019年5月23日、山本さん提供
ローツェ登頂に成功し、記念撮影する山本美雪さん(右)=2019年5月23日、山本さん提供

 今年5月にヒマラヤにある世界最高峰のエベレスト(8848メートル)と第4位のローツェ(8516メートル)の連続登頂を果たした看護師の山本美雪さん(51)=大阪市東住吉区=が5日、西宮市甲東園3のアプリ甲東で登頂報告会を開く。山本さんは「50代で登山歴も長くない自分でも努力を重ね、周囲の支えで登ることができた。自分の経験を少しでも伝えたい」と話している。【近藤諭】

 2008年に大阪、奈良の境にある金剛山(1125メートル)に行ったのが登山を始めるきっかけ。2年後の10年に妹春美さんが38歳の若さで亡くなった。「人生は何が起きるか分からない。今しかできないことをやろう」と本格的に取り組んだ。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文927文字)

あわせて読みたい

注目の特集