出前授業

国宝が学校に?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
体育館で行われた出前授業で、向かい合わせに並べた国宝「松林図屏風」の高精細複製品を眺めながら通り抜ける児童たち=東京都板橋区の区立上板橋第二小で2019年6月15日、手塚耕一郎撮影
体育館で行われた出前授業で、向かい合わせに並べた国宝「松林図屏風」の高精細複製品を眺めながら通り抜ける児童たち=東京都板橋区の区立上板橋第二小で2019年6月15日、手塚耕一郎撮影

 国宝や海外にある日本の文化財などの精巧な複製品を用いた出前授業を、文化財活用センターと東京国立博物館が今年度から全国の学校で始めた。

 東京都板橋区立上板橋第二小学校で先月行われた授業では、長谷川等伯が描いた国宝「松林図屏風(びょうぶ)」(同博物館所蔵)の複製品が体育館に持ち込まれた。児童は作品に近…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

注目の特集