最低賃金

東京都、時給1000円超へ 3%上げ検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、2019年度の最低賃金を3%程度引き上げる検討に入った。目安となる時給は、4日から厚労相の諮問機関の中央最低賃金審議会で議論するが、事務局としてここ3年と同じ3%を維持する方向で取りまとめる構えだ。全国平均での上げ幅は26円に相当し、現在985円の東京都は初の1000円台に乗るのが確実とみられる。

 「時給1000円」は、政府が6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」で、早期に実現させる全国平均の目標値に掲げられた。18年度の全国平均は874円で、26円上がると900円になる。参院選では与野党とも公約に最低賃金の引き上げを盛り込んでおり、厚労省幹部は「毎年3%を達成してきた近年の引き上げペースを続けるのは共通認識」と話す。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文528文字)

あわせて読みたい

注目の特集