参院選2019

菅氏、異例の全国遊説 公示前に14道府県 首相が東京不在時も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聴衆から握手を求められる菅氏=広島市中区で6月22日、高橋克哉撮影
聴衆から握手を求められる菅氏=広島市中区で6月22日、高橋克哉撮影

 菅義偉官房長官が参院選公示を前に異例の全国遊説を続けている。危機管理担当の官房長官は東京で備えるのが通例だが、外交日程で多忙な安倍晋三首相(自民党総裁)に代わり、自公両党の「激戦区」を中心に少なくとも14道府県を訪問する。「令和」の墨書を掲げた新元号発表で知名度が高まり、「政権の顔」としてフル回転する菅氏。しかし、首相と官房長官が同時に東京を離れた日が6月は3日間あり、公示後も増えそうだ。【高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1012文字)

あわせて読みたい