参院選

政党要件維持へ「瀬戸際の戦い」 社民幹事長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社民党の吉川元幹事長は2日、毎日新聞のインタビューに応じた。参院選について、得票率2%を確保しなければ2022年以降の政党要件を失う可能性があるのを踏まえ、「2%以上は石にかじりついてでもクリアしないといけない。瀬戸際の戦いだ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文222文字)

あわせて読みたい