参院選

与党、割れる勝敗ライン 過半数「改選」か「全体」か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の萩生田光一幹事長代行は2日、参院選の獲得目標議席について、自民、公明両党で改選議席(124議席)の過半数(63議席)を目指す考えを示した。党本部で記者団に語った。参院選の「勝敗ライン」を巡っては、安倍晋三首相や菅義偉官房長官が、非改選も含めた全体の過半数としているが、二階俊博幹事長は改選過半数としており、政府・与党内で足並みがそろっていない。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文570文字)

あわせて読みたい