メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

ウラン上限超え 欧州が「懸念」 核合意停止認めず

 イランが貯蔵する低濃縮ウランが、2015年に主要6カ国(米英仏独露中)と結んだ核合意で定められた上限を超えたことを巡り、これまで核合意維持に努力してきた欧州側など各国から強い懸念の声が上がっている。英仏独はイランによる核合意の一部履行停止を認めない姿勢を示しており、今後の対応が注目される。

 フランスのマクロン大統領は2日、「ただちに貯蔵量を上限以下に戻すよう求めるとともに、核合意の履行を阻むような更なる手段を取らないよう要求する」との声明を発表した。「イランが核合意を確実に履行し、経済的な恩恵を受けられるような策を近く講じる」とも述べて、イラン側に自制を求めた。

 また、英国のハント外相は1日夜、英メディアに「我々は核合意を守りたい。なぜならイランに核兵器を持た…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです