メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

供養塔

在日ベトナム人を慰霊 東京・港区の寺院に完成

完成した供養塔。「日越親善供養塔」と名付けられた=東京都港区で2019年6月30日、高木香奈撮影

 ベトナムとの交流を続けている東京都港区の浄土宗の寺院「日新窟(にっしんくつ)」で、仕事や生活で追い詰められて亡くなった在日ベトナム人の若者の位牌(いはい)が増え続けている。6月30日には敷地内に完成した供養塔の落慶法要が開かれ、集まった両国の人たちが祈りをささげた。

 法要では、両国の僧侶約20人がベトナム語と日本語の経文を交互に読み上げ、日新窟の尼僧のティック・タム・チーさん(41)が本堂で預かってきた位牌約150柱を供養塔に移した。多くが20~30代の技能実習生や留学生のものという。

 タム・チーさんは2012年から技能実習生や留学生らの供養を引き受けるようになった。在日ベトナム人の…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです