メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ大手3社

出店温度差 セブン、病院や大学で加速/ファミマ、数は追わず省力化/ローソン、深夜無人営業実験

コンビニの成長モデル転換を巡る大手3社トップの主な発言

 コンビニエンスストア大手3社の出店戦略に温度差が生じている。3社のトップに対する毎日新聞の取材で、セブン-イレブン・ジャパンとローソンが引き続き店舗数を増やす意向を示したのに対し、ファミリーマートは見直す考えを明言した。人手不足を受けた24時間営業の短縮などを含め、各社は成長モデルの転換を迫られている。【和田憲二、本橋敦子】

 コンビニは「ドミナント戦略」と呼ばれる集中出店で規模を拡大し続けてきたが、近年は人口減で1店舗当た…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1322文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです