メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度税収

60兆3563億円、過去最高 バブル期超え

一般会計の税収、歳出総額の推移

 財務省は2日、2018年度の一般会計税収を発表した。税収総額は前年度比2・7%増の60兆3563億円で、バブル期の1990年度(60・1兆円)を超えて過去最高を更新した。堅調な企業業績を背景に給与・配当が増え、所得税収が伸びたのが主因。ただ、歳出総額を大きく下回っており、一段の財政再建が不可欠な状況だ。

 税収は2年連続で増加し、所得税、法人税、消費税の主要3税がそろって伸びた。税目別では、所得税が5・4%増の19兆9005億円となった。ソフトバンクグループが子会社から受け取った多額の配当で税収を約4000億円押し上げた。グループ内の配当にかかる所得税は翌年度に還付されることになっており、特殊要因を除くと「実質的にバブル超えとは言えない」(財務省幹部)との声もある。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです