メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 胃がん/上 ピロリ菌検査、小児は慎重に

胃がんの発症率と死亡率

 「がん大国白書--患者100万人時代に備える」の第2部では、2016年に新たに診断された患者数が2番目に多かった胃がんの予防や検査、治療などについて3回紹介する。初回は、原因となる細菌「ヘリコバクター・ピロリ」(ピロリ菌)の検査や除菌療法が中学生にまで広がっている現状を考える。

 ●「中学生対象」増加

 「胃がんの発生がゼロに近付く。早期に発見、除菌した方がいい」。6月中旬、神奈川県横須賀市の小中学校…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1400文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです