メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

「滲出性中耳炎」繰り返す=答える人・飯野ゆき子医師(東京北医療センター・耳鼻咽喉科)

 Q 「滲出性中耳炎」繰り返す

 6歳の孫娘が、左耳の滲出(しんしゅつ)性中耳炎を繰り返しています。切開して水を抜く手術をしましたが、まだ聞こえが悪く、もう一度手術をすべきでしょうか。

 A 症状3カ月続けば手術も

 小児滲出性中耳炎は、鼓膜の内側にある中耳に炎症が起こり、液体がたまっている状態です。鼓膜の振動が悪くなり、聞こえにくくなります。発熱や痛みはほとんどなく、乳幼児は自分で症状を伝えられないので、聞き返しが多かったり、テレビの音が大きくなったりして周囲が気づくことがあります。小学校に入るまでに9割の子どもが一度はなります。

 風邪や急性中耳炎などで、中耳に炎症があると液体がたまります。ほとんどの場合、液体は耳と鼻をつなぐ耳管を通じて鼻に抜けて自然に治りますが、耳管の調子が悪かったりすると長引きます。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです