メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『ぬか漬け帖』 有元葉子さん

「つくることに喜びや楽しみが見いだせれば一生、続けられます」と語る有元葉子さん=木村滋撮影

 (筑摩書房・1296円)

ぬか床は私そのもの

 料理研究家の有元葉子さんの新刊「ぬか漬け帖(ちょう)」が5月末、筑摩書房から刊行された。母譲りのぬか床をかき混ぜて、ほぼ半世紀。「日々、気にかけて手間を惜しまない。小さな積み重ねが結果として表れることは、ぬか漬けも同じです」と有元さんは言う。【明珍美紀】

 ぬかと塩を入れ、混ぜやすくなるまで水を加えてよく合わせる。好みで大豆や昆布、ショウガを加えるのもいい。まわりに飛び散ったぬかは、固く絞ったふきんできれいにふき取る。毎日かき混ぜる。清潔にしておく。この二つが、ぬか床を続けるポイントだ。

 「きちんと食事をとり、なるべく運動を欠かさないよう心がければ、体を健康に保つことができる。ぬか床も…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文966文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. エフエム東京が「粉飾決算」発表 3年間で11億円の営業損失か

  3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです