クローン病

「慢性疾患対応のヒントに」 患者の体験談公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 患者本人による闘病の体験談をデータベース化して公開しているNPO法人「健康と病いの語り ディペックス・ジャパン」は、国の指定難病のクローン病患者の体験談を集めたコーナーを新たに作成し、公開を始めた。

 クローン病は、消化管に潰瘍ができたり、粘膜が腫れたりして腹痛や下痢に悩まされる原因不明の疾患。若年での発症が多く、就学や就労、妊娠、出産などあらゆる場面で苦労が少なくない。

 同法人は今回、20~50代の男女35人の患者にインタビューを実施。治療の詳細に加え、「診断された時の気持ち」や「学校生活」「就職活動における病気の開示・非開示」「妊娠・出産への影響」「病気とのつき合い方」などテーマを分けて編集し、患者本人が語る動画も公開した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文607文字)

あわせて読みたい

注目の特集