メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

「隠し落款」と考えて 「少し違う」だけなら「個性」=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

4Dエコーで調べると、おなかの中の赤ちゃんの口唇口蓋裂が分かることも マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 安藤広重の浮世絵を見てみると、登場人物の足の指が6本描かれています。作者の癖だとか、贋作(がんさく)を防ぐため、密かに潜ませた目印である「隠し落款」だとか言われていますがよくわかっていません。

 生まれたての赤ちゃんを見ていると、目の大きな子、つむじの二つある子、舌の下方にあるヒダ(舌小帯)が少し短い子、色素性母斑(あざ)のある子など、いろいろです。

 一般的に健診や検査の結果、「異常値です」と判定されるのは、「母集団の95パーセンタイル」、つまり1…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです