メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

男子ケイリン・脇本、亡き母へ誓う金 仏コーチ指導で急成長

練習に励む脇本雄太(前)=静岡県伊豆市のベロドロームで2019年5月7日、松本晃撮影

 自転車トラック種目の男子ケイリンで、2020年東京五輪で日本自転車界悲願の優勝を期待される選手がいる。現在、世界ランキング2位につける脇本雄太(30)=日本競輪選手会=だ。16年リオデジャネイロ五輪後に日本代表の短距離ヘッドコーチに就任したフランス人のブノワ・ベトゥ氏(45)の指導で急成長した。応援してくれた亡き母のためにも金メダルを目指す。【松本晃】

 日本発祥の競輪と同じ発音のケイリンだが、ルールやスタイルは異なる。競輪のように複数の選手が協力する…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです