メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

銀メダルで終われない 米国元エース、4年ぶりに現役復帰

現役復帰したオスターマン。日米対抗戦でも健在ぶりを披露した=東京ドームで2019年6月25日、梅村直承撮影

 ソフトボール女子の米国代表の元エース、キャット・オスターマン(36)が4年ぶりに現役復帰した。2008年北京五輪決勝で、上野由岐子(ビックカメラ高崎)や山田恵里(日立)ら率いる日本に敗れてから11年。「自分のキャリアを振り返った時、金メダルで終わりたい」と、20年東京五輪で頂点を目指す。【細谷拓海】

 オスターマンは6月25日まで開かれた日米対抗戦で来日。第2戦(6月23日)で登板し、4回を2安打1…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1173文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです