メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

大阪城エレベーター「ミス」 「バリアフリーに異論なし」発言を釈明

 安倍晋三首相は2日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議の夕食会で大阪城天守閣にエレベーターを設置したことを「大きなミス」と発言したことについて「障害者やお年寄りに不自由があってもしょうがないと聞こえるかのような発言があったことは遺憾だ」と述べた。自民党本部で首相と会談した萩生田光一幹事長代行が、記者団に明らかにした。

 萩生田氏によると、首相は「非常に精度高く日本の技術は(天守閣を)再生できることをアピールしたかった」と真意を説明。「バリアフリーの社会に異論を唱える発言ではない」とも釈明したという。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです