メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

街宣活動 初認定 大阪市、実名公表判断へ

 有識者でつくる大阪市の審査会が特定の民族や人種への差別をあおる言動の抑止を目的とした条例に基づき、市内で行われた街宣活動を初めてヘイトスピーチに認定した。市が2日、発表した。審査会は活動主体の実名を把握。条例は認定された行為者の氏名・団体名を公表できるとしており、審査会は今後、公表の適否を判断する…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです