メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

街宣、初認定 実名公表判断へ 大阪市審査会

 有識者でつくる大阪市の審査会が特定の民族や人種への差別をあおる言動の抑止を目的とした条例に基づき、市内で行われた街宣活動を初めてヘイトスピーチに認定した。市が2日、発表した。審査会は活動主体の実名を把握。条例は認定された行為者の氏名・団体名を公表できるとしており、審査会は今後、公表の適否を判断する。実名が公表されれば初となり、抑止効果が期待される。

 審査会の答申(1日付)によると、今回認定された街宣活動は、2016年9月に市内の在日韓国・朝鮮人が…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです