首相「政策立案に不適切と判断」 金融庁2000万報告書 党首討論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
討論会の開始前に記念撮影する与野党7党の党首ら=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日午後0時58分、藤井達也撮影
討論会の開始前に記念撮影する与野党7党の党首ら=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日午後0時58分、藤井達也撮影

 安倍晋三首相は3日の党首討論会(日本記者クラブ主催)で、夫婦の老後は公的年金だけでは「2000万円不足」とした金融庁の審議会の報告書を麻生太郎副総理兼金融担当相が受け取らなかったことについて「平均で預金が2500万円あるという前提にして示した」と釈明した。そのうえで「高齢者の1割の方は5000万円…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい