メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災気象情報の「警戒レベル」とは レベル3が重要なポイント

内閣府から出された警戒レベルに関するチラシ

 最近テレビや新聞などで、警報などの防災気象情報の切迫度を5段階に分けた「警戒レベル」の運用が始まったという報道を見聞きします。この警戒レベルっていったい何でしょう。

 大雨や土砂災害、川の増水による洪水などの危険を知らせる防災情報は、さまざまな形で住民に向けて発信されています。昨年、西日本を中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨では、大雨災害の予測がある程度できていながら、情報が隅々に行き渡りませんでした。結果として避難行動が遅れ、災害を大きくしたという教訓から、5段階のレベルに単純化してわかりやすくしようとしたのが今回始まった警戒レベルです。

 切迫度を数値化することによって、今現在自分の住んでいる地域の状況を把握し、迅速な避難行動につなげようということですが、要は警戒レベルを基に、住民自身が自ら危険を察知し、自主的に動くことが求められているのです。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです