メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁「特別警報待たず、早めの避難を」 大雨で緊急記者会見

警報級の大雨が予想される期間

 気象庁は3日午前に緊急記者会見を開き、非常に激しい雨が同じ地域で数時間続くような場合、鹿児島県や熊本県などで大雨特別警報を発表する可能性があるとした。その上で「激しい雨が降ると避難が難しくなることがある。自らの命は自らで守るという意識で特別警報の発表を待たず、早めの避難をしてほしい」と呼び掛けた。

 気象庁によると、活発化した梅雨前線は九州付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込み続けている。東シナ海にある発達した積乱雲が九州に向かってゆっくり進ん…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです