特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

温暖化に伴う暑さの労働損失、2030年に260兆円に ILO試算

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 地球温暖化が進むと、暑さがもたらす労働生産性低下による世界の経済損失は、2030年に2兆4000億ドル(約260兆円)に上るとの試算を国際労働機関(ILO)が公表した。中でも農業と建設業への影響が大きく、ILOは「暑さのリスクに焦点を当て、労働者を守る国レベルの取り組みが必要だ」と指摘している。

 ILOによると、暑さの影響は高湿度で35度を超える環境で発生しやすい。労働者の身体的機能が低下して、生産性が悪くなり、熱中症で死に至るケースもある。暑さで体温が39度を超えるようになると、作業ミスやけがも起きやすくなる。

 来年始まる温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」は、産業革命前からの世界の平均気温上昇幅を2度未満にすることを目指し、できれば1・5度に抑える努力目標を掲げている。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文661文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集