メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1型糖尿病患者が再提訴「年金不支給は権限乱用」 大阪地裁

提訴後に記者会見する原告の女性ら=大阪市北区で2019年7月3日午後0時28分、梅田麻衣子撮影

 幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者に対し、国が障害基礎年金の支給を理由を明示せずに打ち切ったのは違法とした大阪地裁判決(今年4月)を巡り、元原告の9人全員が3日、不支給処分の取り消しを求めて同地裁に再び提訴した。国側は控訴せず判決が確定したが、支給を再開しないと改めて通知。患者側は「症状は改善しておらず、再度の不支給処分は国の権限乱用だ」と訴えている。

 訴状によると、原告は大阪や奈良などに住む27~50歳の男女。いずれも未成年で発症し、日常生活に著し…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1005文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです