連載

支え合う「移民時代」

在日外国人が増え続ける少子高齢化社会・日本。多様な背景を持つ人々が支え合う社会を生み出すためのヒントを探ります。

連載一覧

支え合う「移民時代」

適応するまで時間あげて 西葛西インドコミュニティーのリーダー、チャンドラニさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
経営する紅茶ショップで取材を受けるジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん=東京都江戸川区で2019年6月11日、和田浩明撮影
経営する紅茶ショップで取材を受けるジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん=東京都江戸川区で2019年6月11日、和田浩明撮影

 日本社会と外国人が支え合う明日を模索するインタビューシリーズ「支え合う『移民時代』」。今回は日本に住んで40年、東京都内最大のインド人集住地区(2019年初頭で4148人)で「リトル・インド」とも言われる東京都江戸川区西葛西のリーダー的な役割を果たしてきたジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん(66)に共生のカギとは何か聞いた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2540文字(全文2727文字)

あわせて読みたい

注目の特集