メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省が「サブリース」実態調査 トラブル多発、知識乏しい若者や高齢者に不動産投資勧誘

サブリース契約の流れ

 マンションやアパートを業者が借り上げて転貸する「サブリース」について、国土交通省は5日から、業者や物件オーナーなどを対象に大規模実態調査を始める。サブリースを巡っては近年、全国でトラブルが急増。資金力のない若者がターゲットにされているほか、新たな販売手法も出現するなどの問題も浮上している。国交省は結果を踏まえ、現在は任意となっている業者の登録制度を義務化するなどの規制強化策や、説明時の注意事項をまとめたガイドラインの策定などを検討する。【松本惇】

 実態調査では、賃貸住宅管理業者など約1万1000社を対象に、家賃保証を前提としたサブリース契約がど…

この記事は有料記事です。

残り3721文字(全文3997文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです