福井の恐竜化石発掘調査30年 きっかけの発見者、松田亜規さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自身が載った福井県立博物館(当時)の図録を手にし、化石発見を振り返る松田亜規さん=福井県鯖江市で2019年6月10日午後2時4分、大森治幸撮影
自身が載った福井県立博物館(当時)の図録を手にし、化石発見を振り返る松田亜規さん=福井県鯖江市で2019年6月10日午後2時4分、大森治幸撮影

 福井県が1989年から進めてきた恐竜化石発掘調査は今年で30年の節目を迎えた。調査に着手するきっかけになったのは、82年に中学生だった松田亜規さん(50)=同県鯖江市=が石川県で恐竜の歯の化石を見つけたことだ。その後、福井での化石産出は相次いでおり、「恐竜王国」の代名詞は今や欠かせない。

 松田さんが化石を見つけたのは中学2年だった82年、家族で石川県白峰村(現白山市)に出かけた時だった。向かった「桑島化石壁」には、白亜紀前期(約1億3000万年前)の地層が露出している。

 松田さんは近くに落ちていた石の中から握りこぶしほどの大きさの黒鉛色の石を拾い、自宅で保管していた。石の中から化石が見つかり、専門家の鑑定によって肉食恐竜のものと判明。「同じ地層が広がる福井でも恐竜の化石が見つかるのでは」との期待が県内で高まり、89年の調査開始につながった。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1472文字)

あわせて読みたい

注目の特集