特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

「静かな幸せを」建築家・隈研吾さんが新国立競技場に込めた想い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
建築家の隈研吾さん=東京都港区で2019年6月15日、北山夏帆撮影
建築家の隈研吾さん=東京都港区で2019年6月15日、北山夏帆撮影

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの主会場になる新国立競技場をはじめ、高輪ゲートウェイ駅などの設計に携わる隈研吾さん(64)。大会後の会場や施設の活用について、人が集まることのできる空間づくりが大事だと提唱します。【柳沢亮】

 ――建築家を目指すきっかけは1964年の東京大会だったそうですね。

 ◆64年の東京オリンピックが開かれたとき、僕は小学4年生でした。その頃、父親に連れて行ってもらった国立代々木競技場第1体育館が圧倒的にかっこよかったなあ。屋根をつり下げる2本の柱は天に伸び、低い建物を見下ろしている感じがありました。中に入ると天井はとても高く、天窓から差し込む光がプールの水面に反射してキラキラしているんですよ。違う世界のとんでもない建物に出合うという初めての体験にショックを受けま…

この記事は有料記事です。

残り2802文字(全文3153文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集