メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

宮本信子さんが語る夫・伊丹十三への変わらぬ思い&伊丹映画の秘密

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、7月6日(土)午前7時半~8時)のゲストは、女優の宮本信子さん。

 夫・伊丹十三さんの監督デビュー作である映画「お葬式」をはじめ、10本の伊丹作品に出演してきた。映画「あげまん」では、男にツキをもたらす芸者役を。「スーパーの女」では、経営不振のスーパーを立て直す主婦などさまざまなキャラクターを演じ、人々を魅了し続ける宮本さん。

 中でも、強烈なインパクトを与えたのは、おかっぱ頭にソバカス姿のヒロインを演じた映画「マルサの女」だった。番組では、伊丹十三監督と打ち合わせをしながら、そのキャラクターを作っていく様子を納めた超貴重映像を公開! “厳選”から始まるという伊丹作品の名場面の裏側に迫った。

 また、22年前に訪れた師匠であり、夫であり、監督であった伊丹さんとの“死別の時”を回顧。つらい、悲しい気持ちを「考えない。全て冷凍庫にしまって凍らせました」という宮本さんが、伊丹監督の死をどのように乗り越えたかをサワコに語った。

 このほか、2016年にニューヨークで30年ぶりに上映され、行列が出来る程脚光を浴びた映画「タンポポ」の話を披露。意外にも「ずっと映画は撮りたくない」と言っていたという伊丹監督が映画を撮り始めたきっかけや、開館から13年になる伊丹十三記念館の話のほか、ジャズを歌う楽しさに目覚めたという宮本さんが、夫への変わらぬ思いをサワコに話ししてくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです