メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

劇作家・岡田利規さん、作家ウティット・ヘーマムーンさん 私たちの未来の物語 タイの小説、日本で舞台に

劇作家の岡田利規さん(左)と作家のウティット・ヘーマムーンさん=吉田航太撮影

 タイの現代小説を原作にして、劇作家の岡田利規さん(45)が脚本と演出を手がけた「プラータナー:憑依(ひょうい)のポートレート」が、東京・池袋の東京芸術劇場で上演されている。性愛と政治の言葉がぶつかり合う約4時間の大作。昨年8月のバンコク、12月のフランス・パリでも大きな話題を呼んだ。同名の原作小説は日本公演に合わせ、河出書房新社から刊行(福冨渉さん訳)。作品について、岡田さんと、原作者のタイ人作家、ウティット・ヘーマムーンさん(44)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです