メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

原発避難者の実情語る 水戸で森松さん「一人一人が声上げて」 /茨城

原発事故による避難や避難者の人権をテーマに講演する森松明希子さん=水戸市内で

 原発事故と人権について考えるアムネスティ日本・水戸グループ(水戸市)の学習会が6月、同市内で開かれた。東京電力福島第1原発事故を受け、自主避難した森松明希子さん(45)が講演。「一人一人が主権者として、原発や避難について真剣に考え、声を上げてほしい」と訴えた。

 東日本大震災が発生した2011年3月、森松さんは自宅のあった福島県郡山市で被災。自宅は原発から約60キロ離れていたが、放射性物質の子供への影響を考え、3歳と0歳だった長男と長女を連れて11年5月に大阪市へ避難した。仕事がある夫を福島県に残し、現在も大阪市で3人で暮らしている。

 森松さんは、避難者の実情を積極的に発信し、東日本大震災避難者の会「Thanks&Dream」(大阪…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです