メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

2羽放鳥、4月誕生 野田 /千葉

放鳥されたコウノトリの幼鳥「カズ」(右)と「レイ」=千葉県野田市の「こうのとりの里」で

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰を目指す野田市江川地区の飼育施設「こうのとりの里」で3日、4月6日に誕生した幼鳥2羽が放鳥された。放鳥は5年連続。これまでは一般募集で命名していたが、今年は改元にちなみ、同市の若手職員らのアイデアで雌は「レイ」、雄は「カズ」と名付けられた。

 午前10時にケージの天井が開かれて放鳥された。…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです