第90回都市対抗野球

全ての旗を東京に 都代表4チーム合同壮行会 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本大会に向けて健闘を誓う(左から)JR東日本の堀井哲也監督、NTT東日本の飯塚智広監督、鷺宮製作所の目良宏監督、明治安田生命の成島広男監督=千代田区のホテル「メトロポリタンエドモント」で
本大会に向けて健闘を誓う(左から)JR東日本の堀井哲也監督、NTT東日本の飯塚智広監督、鷺宮製作所の目良宏監督、明治安田生命の成島広男監督=千代田区のホテル「メトロポリタンエドモント」で

 13日開幕する第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で都代表として出場する鷺宮製作所、NTT東日本、JR東日本、明治安田生命の4チームが3日、合同壮行会を千代田区のホテルで開いた。各チームの監督が健闘を誓い、抱負を述べた。

 都野球連盟の高岡崇会長は「(優勝旗の黒獅子旗を含め)全ての旗を東京に持ち帰ろう」と激励した。

 鷺宮製作所の目良宏監督は「一つでも多く勝てるよう精いっぱい頑張る」とあいさつ。NTT東日本の飯塚智広監督は「自信が湧いてきた」と意気込む。JR東日本の堀井哲也監督は「一生懸命戦いたい」、明治安田生命の成島広男監督も「まずドームで1勝を目指したい」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文421文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい