メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校考える会

自らも経験した教師が講演 東近江で13日 /滋賀

 「よくわかる不登校~不登校の子の理解と関わり方」と題した「第85回不登校・登校拒否を考える会」が13日、東近江市躰光寺町の能登川コミュニティセンターである。自身も不登校と引きこもりを経験し、そうした子供たちへの学習支援をするNPO法人「D・Live」を設立し、フリースクール教師も務める田中洋輔さんが講演する。

 1996年から活動する「登校拒否・不登校問題県連絡会」(大津市)が主催。田中さんは甲子園球児を目指し、大阪の強豪校に入るも挫折。高校で不登校となり、進学した立命館大でも引きこもりを経験した。2009年からNPO法人で、「わかりやすい」「楽しい」をモットーに、子供や保護者に寄り添う活動を続けている。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです