メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山の水族館建設

民設民営ゴー 100団体で「推進の会」 /愛媛

水族館建設の課題などが説明された設立総会=松山市大街道3のいよてつ会館で、木島諒子撮影

 松山市中心部への民設民営の水族館建設構想で、基本構想の取りまとめや行政への要望活動を行う「愛媛・松山の水族館建設を推進する会」の設立総会が2日、松山市内であった。推進する会には地元企業や経済団体など100団体が参画し、設立総会には関係者約80人が出席。発起人代表で松山商工会議所の佐伯要会頭が「いよいよ建設に向けた具体的な検討がスタートする。強い熱意と決意をもって取り組む」とあいさつし、推進する会の会長に就任した。

 構想を巡っては、愛媛や松山の今後の観光振興や地域活性化のため新たな誘客施設が必要として、2016年に地元経済界が中心となり松山市に対して「道後地区での水族館建設の検討」を要望した。市は今年2月、「成功させるには、民間ならではのノウハウなど強みを生かすべき」と回答。これを受け、地元経済団体が民設民営の水族館を建設しようと参画企業・団体を募っていた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです