メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

詩と診療所=小野正嗣

 ある詩人について調査旅行をしていたときの話だ。

 詩人が幼年期を過ごした町を訪れた。彼女はそこで2歳から10歳まで老夫婦のもとで育てられた。彼女はその老父婦が自分の本当の祖父母ではないことを、おそらく知っていたと思う。

 けれど、彼女があとに残した文章には、詩と同じくらい数少ない書簡には、そのことを窺(うかが)わせる記述はないので断言はできない。

 詩を読めば明らかではないか、と言われるかもしれない。おまえの読み方が悪いだけだ。愛着と信頼と疑念の…

この記事は有料記事です。

残り1962文字(全文2185文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです