メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
踏み跡にたたずんで

詩と診療所=小野正嗣

 ある詩人について調査旅行をしていたときの話だ。

 詩人が幼年期を過ごした町を訪れた。彼女はそこで2歳から10歳まで老夫婦のもとで育てられた。彼女はその老父婦が自分の本当の祖父母ではないことを、おそらく知っていたと思う。

 けれど、彼女があとに残した文章には、詩と同じくらい数少ない書簡には、そのことを窺(うかが)わせる記述はないので断言はできない。

 詩を読めば明らかではないか、と言われるかもしれない。おまえの読み方が悪いだけだ。愛着と信頼と疑念の…

この記事は有料記事です。

残り1962文字(全文2185文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです