メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

避難指示、110万人に 鹿児島知事、自衛隊派遣を要請

大雨で増水した和田川=鹿児島市で2019年7月3日午後2時47分

 九州付近に梅雨前線が停滞している影響で、3日も九州南部を中心に断続的に大雨が降った。鹿児島市全域を含む鹿児島、宮崎両県の13市2町で52万2369世帯110万4237人に避難指示が出され、鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は自衛隊に災害派遣要請した。土砂崩れによるけが人も出た。鹿児島県では川の堤防の決壊が確認されており、自治体が避難を呼び掛けている。

 気象庁によると、降り始め(6月28日午前0時)から3日午後10時までの雨量は、宮崎県えびの市で平年の7月1カ月分を超える1075・5ミリを記録。鹿児島県鹿屋市でも873・5ミリを観測した。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです