メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

若者・高齢者狙い投資勧誘 「サブリース」実態調査へ 国交省、1万1000社対象

サブリース契約の流れ

 マンションやアパートを業者が借り上げて転貸する「サブリース」について、国土交通省は5日から、賃貸住宅管理業者約1万1000社や物件オーナーなどを対象に大規模実態調査を始める。サブリースを巡っては近年、不動産投資リスクなどの知識が乏しい若者や高齢者が、業者の言いなりで契約を結ばされている問題が浮上している。国交省は結果を踏まえ、現在は任意となっている管理業者の登録制度を義務化するなどの規制強化や、説明時の注意事項をまとめたガイドライン策定などを検討する。【松本惇】

 消費者庁によると、2018年度に全国の消費生活センターへ寄せられたサブリース関連の相談は483件で、14年度(235件)の2倍を超えた。特に若年層からの相談が急増しており、国民生活センターによると、18年度の20代の投資用マンションに関する相談件数は、13年度(160件)の3倍超となる486件で年代別で初めてトップとなった。平均購入金額は2767万円で、大半が「家賃保証」をうたったサブリースとみ…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです