メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

サプライズの必然=坂東賢治

 <moku-go>

 大阪での米中首脳会談の冒頭、習近平国家主席が歴史的な米中和解に結びついた1971年4月の「ピンポン外交」に言及した。名古屋の世界卓球選手権で米中両国選手の交流をきっかけに米国選手団が急きょ、北京に招かれた。

 このサプライズ外交は米国の対中世論を好転させ、翌年のニクソン米大統領訪中につながった。習氏は「小さな球が大きな球(地球)を動かした」と例えた。

 偶然の産物ではなかった。指示がなければ、中国選手が米国選手との交流に応じることはなかっただろう。米…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1026文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです