メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

高齢ドライバーの安全対策 多様な選択肢が必要 80代以上で事故急増=論説委員・伊藤正志

母子が亡くなった事故の現場で献花する人々=東京都豊島区で5月18日、玉城達郎撮影

 高齢ドライバーの事故防止対策が喫緊の課題になっている。東京・池袋で、87歳の男性が運転する車に母子がはねられて死亡した事故などがきっかけだ。高齢化は誰もが直面する。一方、車の運転は地域によって生活の手段として欠かせない。多様な選択肢を準備し、地域事情に合わせた解決策を社会全体で考えていくしかないだろう。

 高齢者による事故の実態はどうなっているのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1664文字(全文1843文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです