メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論プラス

高齢ドライバーの安全対策 多様な選択肢が必要 80代以上で事故急増=論説委員・伊藤正志

母子が亡くなった事故の現場で献花する人々=東京都豊島区で5月18日、玉城達郎撮影

 高齢ドライバーの事故防止対策が喫緊の課題になっている。東京・池袋で、87歳の男性が運転する車に母子がはねられて死亡した事故などがきっかけだ。高齢化は誰もが直面する。一方、車の運転は地域によって生活の手段として欠かせない。多様な選択肢を準備し、地域事情に合わせた解決策を社会全体で考えていくしかないだろう。

 高齢者による事故の実態はどうなっているのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1664文字(全文1843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです