メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

欧州議会はEU政治の主戦場=児玉昌己・久留米大学法学部教授

 英国の欧州連合(EU)離脱問題を抱えつつ、5年に1度の欧州議会選挙が5月、EUの全28加盟国で行われた。選挙は二つの意味で重要であった。第一は欧州議会の重要性が増す中、投票率が上がったことだ。第二は、親EUと反EUという争点が明確になり、多党化の傾向と党派性が強まったことである。

 「欧州人民党」と「欧州社会民主進歩連盟」という親EUの中道2大会派は過半数割れした。他方、フランスの「国民連合」、イタリアの「同盟」、「ドイツのための選択肢」などの反EUナショナリスト勢力はさほど伸びず、むしろ親EUの「欧州自由民主連盟」や「緑の党」が躍進した。2大会派と自民連盟、緑の党だけで親EU派は約7割を占め、体制内改革派の「欧州左翼」を含めれば、その基盤は揺るがない。

 2014年の前回選挙以降、EUの行政府・欧州委員会の委員長人事の最終決定権限が、加盟国首脳で構成さ…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです