メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

欧州議会はEU政治の主戦場=児玉昌己・久留米大学法学部教授

 英国の欧州連合(EU)離脱問題を抱えつつ、5年に1度の欧州議会選挙が5月、EUの全28加盟国で行われた。選挙は二つの意味で重要であった。第一は欧州議会の重要性が増す中、投票率が上がったことだ。第二は、親EUと反EUという争点が明確になり、多党化の傾向と党派性が強まったことである。

 「欧州人民党」と「欧州社会民主進歩連盟」という親EUの中道2大会派は過半数割れした。他方、フランスの「国民連合」、イタリアの「同盟」、「ドイツのための選択肢」などの反EUナショナリスト勢力はさほど伸びず、むしろ親EUの「欧州自由民主連盟」や「緑の党」が躍進した。2大会派と自民連盟、緑の党だけで親EU派は約7割を占め、体制内改革派の「欧州左翼」を含めれば、その基盤は揺るがない。

 2014年の前回選挙以降、EUの行政府・欧州委員会の委員長人事の最終決定権限が、加盟国首脳で構成さ…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1284文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです